人と関わる仕事に就きたい人へ

人と関わる仕事に就きたいと考えている人は、人を幸せにしたいという気持ちが強い人と言えるのではないでしょうか。人の幸せに関わり合える場面が多い仕事としては、飲食関係やイベント関係、ブライダル関係などがありますが、小さな子どもと触れ合える保育関係もあります。まだ、無垢な子ども達と触れ合うことは、子ども達の将来を大きく左右する大切な仕事であり、夢のある仕事でもあります。

専門資格が求められる仕事・ベスト5

no.1

弁護士

資格が必要な専門職としては、弁護士が挙げられます。弁護士は、司法試験に合格する必要があります。司法試験はとても難しい試験となっていますので、この資格を取るために優秀な大学に合格する必要もあるので、早いうちからコツコツと勉強を重ねておくべきでしょう。

no.2

医者

医者として働くのにも「医師免許」が必要です。この試験は大学の医学部を卒業した人だけが受けられる国家試験です。医師免許取得のための試験の合格率は90%といわれていますが、合格するためには6年間みっちりと勉強しなくてはなりません。

no.3

美容師

日本では美容師になる場合も、美容師の国家資格が必要です。美容師国家試験は、高校卒業後に厚生労働大臣指定の美容学校などの教育機関にて2年間の勉強をするか、通信課程で3年間学ぶことで、美容師国家試験の受験資格を得ることができます。

no.4

保育士

保育士として働くためには、国家試験となる保育士資格が必要となります。この資格を取るには、二つの方法があり一つめは、大学や専門学校などで専門課程を修了する方法。二つめは保育士試験を受けて合格する方法です。保健師試験の合格率は10%程度と狭き門になっています。

no.5

社会福祉士

社会福祉士になるためには「社会福祉国家試験」に合格しなければなりません。この試験を受けるには、3種類の方法があります。一つ目は大学で指定科目を4年間履修する方法。二つ目は、短大などで指定科目を履修して実務を1年から2年経験する方法、三つめは、養成施設にて実務経験を5年以上剣する方法です。

[PR]保育士の資格は大学で取得すべし!
実習授業が受けられる☆

[PR]ビジネスで役立つ資格を習得
学習内容を事前にcheck!

[PR]心理カウンセラーの資格を取りたいなら必見!
多種多様な講座を開講中!

[PR]公認会計士の資格取得の方法!
自分に合った勉強法を探そう

[PR]税理士の解答速報をチェック
分析しやすい内容!

大学で資格取得をしてこどもの成長を見守ることが出来る保育士になる

PC

保育士に憧れる男女は年々増加している

近年、保育士に憧れる人は男女を問わず増加の傾向にあります。その理由としては、子どもの発育をダイレクトに感じられるため、頑張ったことのリターンが早く感じられることにあります。また、子ども達に新しいことを教えて、子ども達が出来るようになった時の嬉しそうな表情を見た時にはとてもやりがいを感じられます。男性もオフィスのビジネスマンとして働くよりも青空の下で子ども達と過ごす時間を楽しみたいという願望があります。また、女性にとっては産後なども続けて働くことができるので人気があります。

短期大学にはメリットが盛り沢山

保育士になる手段として、4年制の大学に行くか、2年の短期大学に行くか、専門学校に行くなどの手段がありますが、短期大学は2年で卒業できるというメリットがあり夢を早く叶えることができます。また、通学期間も2年間ですので学費が安く済むのも特徴です。更に、多くの短期大学では4年制度大学のメリットと専門学校のメリットの療法を兼ね備えています。専門学校のように実践的な実習ができるところが多いです。なお、入試の際には推薦が使いやすく入学もしやすいです。

子供達の成長をサポートする役割

保育士の仕事は、子ども達の成長をサポートするという重要な役割を担っています。具体的には、子ども達が常に健康な状態にあるように、子どもの様子を慎重に観察して子ども達の要求を見てしていきます。また、食事や睡眠、排泄、着替えなどの就学前に身につけておくべき基本的な生活習慣を身につけさせます。更に、集団生活を行う上で、人との関わり合い方や世の中にはルールがあることを身につけさせます。メンタル面でのサポートも必要ですので心理カウンセラーの資格も取っておいた方が良いかもしれません。

立派な保育士になる為に必要な3つのポイント

自分自身の感情をコントロールできることが大切!

子ども達は常に大人の顔色をうかがっています。保育士が不機嫌な顔をしていたら子ども達も不安になってしまうのです。そのため、何か不安があっても顔に出さずにいられるように自分自身の気持ちをコントロールする能力が必要です。子ども達がいうことを聞かなくても辛抱強く子どもと向き合える気持ちも大切です。

パワフルな体を持つこと!

小さな子ども達と遊ぶことはとても体力を使うことです。子ども達と一緒に走りまわったり、時には子ども達が先生に向かって飛びかかってくることもあるでしょう。そんな元気な子ども達を一人で20人から30人くらい面倒を見なければなりません。子ども達に負けないくらいの元気な体を持っていることが大切です。

観察力と共感力が大切!

子ども達に毎日異変が無いかどうかなどしっかりとチェックできる観察力を持つことが大切です。また、子ども達の気持ちにより添うために共感できる心を持つことも重要です。時には、一緒になって泣いたり笑ったり等、子ども達の気持ちを理解しながら、共感してあげることが愛情となります。

広告募集中